法科大学院案内

法務研究科委員長挨拶

法務研究科委員長 安達 和志 教授

 神奈川大学法科大学院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 当法科大学院が立地する横浜・神奈川は、先進と自治の気風にあふれ国際色豊かな土地柄とともに、大企業の支社や中小企業の多い地域的な特性をもっています。このような地域性をふまえて、当法科大学院は、2004年度の設立以来、「地域密着型」の法曹養成を基本理念として掲げ、中小企業に特有の企業法務、在留外国人の法的地位や人権の保障、市民と自治体間の法的紛争など、地域で生活する人々の暮らしをめぐる法問題に強い関心をもち、その解決に貢献できるような法曹が、今日の社会にぜひとも必要であると考えて活動してきました。

 社会に生起する法問題はますます複雑となり、解決困難な課題が山積しています。これからの法曹には、既存の法制度や基本六法の法律知識だけでなく、幅広い法的素養や深い法的洞察力を身に付けることがいっそう重要になっているといえるでしょう。当法科大学院では、こうした観点から、論理的な思考力、確実な理解力、的確なコミュニケーション能力などに重点をおいて、授業を展開しています。また、少人数教育の長所を最大限に生かし、在学中のみならず修了後も引き続いて、専任教員や若手弁護士によるきめ細かな学修支援を行っています。

 当法科大学院を修了した司法試験合格者の中には、国際人権や少年事件を主な専門とすることを目指し、また、東日本大震災に際して避難所で被災者の法律相談に奔走するなど、すでに当法科大学院の理念とする法曹像にそって活躍している人も少なくありません。現下の法科大学院を取り巻く社会状況は、残念ながら依然として大変厳しいものであり、本学においても、不幸にして2016年度からの募集が停止されるという事態となりました。しかし、在学中の学生の皆さんに提供される教育の質、環境が、今後もなお維持されることは言うまでもありませんし、修了生の皆さんに対する支援も継続されます。当面の目標が司法試験の合格にあることは当然ですが、そもそもなぜ法曹になりたいのか、合格後にどのような法曹を目指すのか、法曹として何をやりたいのかということを、日頃から意識して勉学に取り組んでいただき、使い将来、多くの人々から信頼される法曹人として大いに活躍されることを心から願っております。私たちは、厳しい現実を見据えながらも、掲げた理念を今後とも堅持し、新たな挑戦を続けていきたいと考えています。高い目的意識と熱い意欲をもち、地道な努力を重ねて法曹を志す皆さんに対して、私たちは全力で応援のエールを送ります。

 

  • 修了生の活躍
  • 在学生の声
  • 給費生・奨学金制度
  • 教育状況等の改善報告