法科大学院案内

在学生の声&インタビュー

学生生活インタビュー

3年次(未修者)坂内 真子 さん

法学部以外の出身でも心配ない少人数の徹底した指導体制

 私は法学部の出身ですが、もともとは国連職員など国際的な仕事をする公務員をめざしていました。転機になったのは、大学2年のとき、身内が法律トラブルに直面し、自分の知識でアドバイスしたのが解決につながる経験をしたこと。法律を学んでいることが人の役に立てる喜びを実感し、弁護士をめざすことを決意しました。また、地元の山形には弁護士が少なく、法的トラブルには司法書士が対処することが多い状況だというのもわかり、将来は地元に帰って地域に貢献できる弁護士になりたいと思うようになりました。
 とはいえ大学3年から勉強を始めたので予備試験は厳しいと思い、法科大学院進学を決意。神大は、大学の恩師に勧められたこと、 学費が比較的低額で奨学金制度も非常に充実していること、法律相談に同席する「リーガルクリニック」や司法書士事務所に配属されて登記の研修を行う「登記実習」など他校にはあまり見られない実習があることに魅力を感じて入学を決めました。
 実際に入学してからは、何よりも「自分の頭で考えること」の大切さを学んでいます。ただ単に論証ブロックを記憶してそのまま使うのではなく、一歩引いて自分の頭で考えることが求められ、より現実に即した形で生きた法律学を体得できるようになりました。司法試験対策だけにとらわれるのではなく、常に実務を意識し、理論を学びながら実践するスキルを身につけて現場の即戦力になる力を養うことができるのが神大法科大学院の最大の強みです。弁護士になる夢を持っているなら、ぜひ神大に来て、一緒に勉強しましょう。

一日のスケジュールを見る

3年次(未修者)石川 達満  さん

勉強が楽しいと感じられる充実の施設とサポート環境

 小学校から高校までサッカー部に所属。スポーツが大好きだったことから、将来はスポーツ選手のエージェント(代理人)になりたいと思っていました。大学3年生のときに進路についてゼミの先生に相談したところ、「法律を知らないと務まらない仕事」というアドバイスをいただいたことをきっかけに、法科大学院で法律を修得、弁護士の資格を取ってスポーツエージェントを目指すことにしました。
 入学してみると、未修者の私にとっては初めて学ぶことばかりで、1年次は授業を受けるのが精いっぱい。それ以外の時間はすべて予習に費やされていましたが、2年次になって勝手が分かるようになってからは、OB の先生が開かれる勉強会にも参加。毎週土曜日に約4時間、効率的な勉強法や法曹をめざすにあたっての心得などを教えていただいています。事前に出された問題について先生が添削をしてくださったものを、皆でさらに検討したり、ディスカッションしたり。非常にためになるのはもちろん、授業だけでなく、受験のための勉強時間を確保できている点でもたいへん有意義です。
 これまでの人生の中でこんなに集中して何かに取り組むことはなかったので、勉強すること自体が楽しいと感じています。神大は少人数ですので、質問があればすぐに教えてもらえるなど先生方との距離がとても近いほか、法科大学院専用の棟があって、自習室には学生一人に机一台が完備されているなど、施設やサポートが充実しています。こうした環境を与えてもらっていることに感謝しながら、最大の目標である来年の司法試験合格に向けて頑張っています。

一日のスケジュールを見る

ページの先頭へ戻る

在学生の声

明るく開放的なキャンパス

法科大学院の授業は全て24号館で行われ、事務スタッフも常駐しています。また、法科大学院の学生も大学の全ての施設を利用できます。

在学生の声
キャンパスがきれいで開放的。学部の学生たちと一緒のキャンパスなので活気があります。
学校のスタッフともすっかり顔なじみ。要望や相談にいつもすぐに対応してもらい、感謝しています。大学全体で学生をサポートしようという雰囲気です。

真剣な雰囲気と活気のあるクラス

演習科目については学生を2班に分けるなどし、少人数クラス編成を徹底しています。学生の発言・質問の機会が充分に確保されています。

在学生の声
クラスの人数が少ないので一体感があり、先生との距離も近い。
多様な経歴を持った学生が集まっているので、いろいろな考え方があると感じます。
全体的に先生が若い。そして情熱を感じる。
学生が自主的に行う勉強会も活発。勉強方法などまで情報交換できるのがうれしい。

e-Learningシステムで予習・復習も効率的に

本学のe-ラーニングシステムは、法科大学院教育に特化した本学独自開発によるものです。学生の日常の学修を全般的にサポートします。

在学生の声
課題や予習事項の確認や、判例検索など、どこにいても授業内容が確認できるので、e-Learningシステムは学修に欠かせません。
先生にメールで質問を送って、すぐに返事をもらえたことなど、e-Learningは時間が限られている私たちにとってありがたいシステムだと思います。

議論白熱、既修者の授業

法律学の理論的検討と法律実務上の判例・解釈とを常に戦わせ、机上の空論でも場あたり的解釈でもない、法曹に真に必要となる筋の通った問題解決の能力向上を追求します。

在学生の声
好きな授業は「国際人権法」。政治的な背景まで見えるダイナミックで面白い内容。この先生目当てに入学した学生もいます。
ゼミ形式でまさに法科大学院という授業。実務家の先生も親身で、横浜弁護士会が支援してくれていると感じます。
「民事法演習」の授業は、実務家と研究者、二人の先生の本気の議論に圧倒されます。

未修者の授業はハードでも充実

一年次には法の基礎を学ぶ科目を配置して導入をスムーズにしつつ、様々な実務体験の場を確保してモチベーションの維持に努めています。

在学生の声
今はとにかく授業についていくのに精一杯だけど、がんばっています。
実務家の先生と裁判の傍聴に行き、現場の雰囲気を体験。刺激を受けました。
東京地検や刑務所見学などの課外授業は、刺激になった。勉強の意欲が湧いた。

神奈川大学ならではの奨学金制度

成績優秀な学生に対する給費奨学金はもちろん、夢の実現のため日々努力する学生を応援する奨励的な経済サポートも充実しています。奨学金獲得のチャンスは毎年度あります。

在学生の声
奨学金制度は多く用意されていますが、特に給費生制度は、貸与ではなく給費なのですばらしいと思います。
入試の成績だけではなく、入学してからの成績も考慮されるのでとても励みになります。

万全なサポートではかどる自習

学生には一人につき一席の専用机が用意されています。また、本学修了生を中心とする若手弁護士グループが、学生の学修上の質問から学生生活の問題まで幅広くサポートにあたります。

在学生の声
空き時間は大学院生研究室の自分のデスクで勉強。勉強は復習より予習がほとんどです。
法科大学院棟の中に院生、先生の研究室、講義室やレポート作成作業室、充実した専用図書室もあり、便利。
図書室が深夜まで使える上、日曜も開室しているので勉強がしやすい。
自習室は早朝から深夜まで、365日ほとんど使えるので“自分の部屋”という感じ。
先生の研究室が同じ棟にあるので、ちょっとした質問でも、気軽にすぐ聞けます。
アカデミックアドバイザーの先生が、授業時間内で消化できなかった内容を発展させて解説してくれるのはありがたい。
司法試験、司法修習を踏まえたアカデミックアドバイザーのアドバイスが非常に助かります。
ページの先頭へ戻る
  • 修了生の活躍
  • 在学生の声
  • 給費生・奨学金制度
  • 教育状況等の改善報告