教育内容

講義一覧

選択必須科目

<2015年度版>

科目 担当者 内容
法文書作成Ⅰ 中村 俊規 各種の形式の法文書を作成するための知識及び能力を,具体的事例に基づく課題に対する起案と講評を繰り返し行うことを通して,確実に身につけさせる。
法文書作成Ⅱ 桑名 俊光 本講義は、訴状や準備書面といった実務文書の作成そのものを目的とするものではなく、法文書作成に共通する考え方を習得することに重点を置く。また、文書作成の前提となる最低限の法律知識を確実なものとするために、法律用語の定義や法制度の趣旨などを適宜確認しながら講義する。
法文書作成Ⅲ 桑名 俊光 本講義は、訴状や準備書面といった実務的な文書の作成そのものを目的とするものではなく、法文書作成に共通する考え方の習得とその実践に重点を置く。また、文書作成の前提となる最低限の法律知識を確実なものとするため、法律用語の定義や法制度の趣旨などを適宜確認しながら講義する。
裁判外紛争処理(ADR)特講 本間 豊 民事紛争を解決する方法として、民事訴訟と並んでADRの充実・発展が期待され、裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律(以下「ADR法」という)が成立した。このADR法の目的、具体的な手続等、及び民事訴訟による紛争解決との違いを学び、ADRについては、直接その専門家の話をうかがい、質疑を通じてその実像に迫っていきたい。
登記実習 小森谷 祥平 本講義の到達目標は、受講生が①登記手続の概略を知ること、②実体法が登記手続の世界にどのように投影・反映されているかを知ること等々を通じて、実体法及び手続法の関係性を整理し、それぞれの理解を深めるところにある。
また、司法書士事務所での配属研修を通じて、司法書士業務の楽しさや厳しさを体験することで、法律実務家に就く心構えを身につけることである。
リーガルクリニック 安達 和志
阿部 浩己
岩間 昭道
木下 崇
白取 祐司
栗田 陸雄
近藤 和哉
澤田 久代
鈴木 義仁
角田 光隆
鶴藤 倫道
中村 俊規
中村 壽宏
仁平 正夫
古田 佑紀
丸山 茂
三宮 政俊
本間 豊
それまでに学修してきた法理論を実際の紛争例を通して検証し、法的知識の確認、応用、限界、法の創造等の実践経験を積み、また相談の受け方、相談者への対応の仕方などのローヤリングを学びながら実社会での法曹の役割を体験する。そのことを通して、法曹実務の重要な出発点である法律相談を体験的に学んでいく。
エクスターンシップ 本間 豊 本研修では、講義で修学内容を法律実務の体験を通じて実務、実務法曹を身近なものとしてとらえてもらうとともに、司法研修所入所後の実務修習に円滑に入っていけるようにすることを目的とする。
要件事実論 仁平 正夫
笈川 康則
受講生が要件事実の考え方を理解し,実体法の規定やそこでの解釈論がどのような形で訴訟に反映するのか理解することを目標とする。また,典型的な事案における事実整理を確実に行えるようにする。

※は2009年度以前入学者対象の科目名

  • 修了生の活躍
  • 在学生の声
  • 給費生・奨学金制度
  • 教育状況等の改善報告