教員紹介

教員紹介

氏名 阿部 浩己(あべ こうき)
職名 教授(研究者教員)
最終学歴 バージニア大学法科大学院LL.M.<br /> 早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得満期退学 博士(法学)
担当科目 国際人権法, 国際人権法演習, 国際関係法, リーガルクリニック, 研究論文指導Ⅰ, 研究論文指導Ⅱ
研究領域  「人権」の視点に立って国際法にかかわる諸事象を分析することに主眼をおいている。実務との連結を重視しながら、これまで次のようなテーマを取り扱ってきた。国連の人権保障システム、地域人権保障、国際人権訴訟、難民の処遇、戦後補償、性差別、社会権。現在は、経済のグローバル化や戦争、植民地主義が国際法に及ぼす影響を中心に研究を進めている。<br />  中・長期的には、中立・客観を装う法の内側に潜む政治性・主観性を明らかにすることで、国際法制度すべてを、よりひらかれたものに構築しなおすことを目指している。とくに、国際法過程のなかにいかに市民/人間の利益を組み入れるかに関心がある。方法論としては、ジェンダーの視座を前面に押し出すフェミニスト・アプローチと第三世界アプローチに目下のところ強い共感を覚えている。

教員からのメッセージ

どんな法曹になるにしても、まずは地道な勉強から。法科大学院ではみっちり法律の基礎を学んでもらいます。毎日がとてもたいへんには違いないでしょうが、でも、一生のうちにこれほど恵まれたときもないでしょう。その幸運をかみしめながら、仲間とともに、教員とともに、法曹への道を切り開いていってください。神奈川大学法科大学院で培った専門的知見を、将来、しっかり社会に還元してもらえるよう願っています。

主要著書・論文

1.『人権の国際化―国際人権法の挑戦』(単著)〔現代人文社〕1998年11月<br /> 2.『国際人権の地平』(単著)〔現代人文社〕2003年3月<br /> 3.『フェミニズム国際法―国際法の境界を問い直す』(監訳)〔尚学社〕2004年10月<br /> 4.『戦争の克服』(共著)〔集英社〕2006年6月<br /> 5.『抗う思想/平和を創る力』(単著)〔不磨書房〕2008年4月<br /> 6.『テキストブック国際人権法・第3版』(共著)〔日本評論社〕2009年2月<br /> 7.『無国籍の情景—国際法の視座、日本の課題』(単著)〔国連難民高等弁務官駐日事務所〕2010年4月<br /> 8.『国際法の暴力を超えて』(単著)〔岩波書店〕2010年9月<br /> 9.『国際法の人権化』(単著)〔信山社〕2014年7月<br /> 10.『国際人権を生きる』(単著)〔信山社〕2014年7月
教員一覧に戻る

教員紹介

  • 修了生の活躍
  • 在学生の声
  • 給費生・奨学金制度
  • 教育状況等の改善報告