教員紹介

教員紹介

氏名 仁平 正夫(にへい まさお)
職名 教授(実務家教員)
最終学歴 早稲田大学第一法学部卒業
担当科目 民事法演習Ⅳ, 民事法演習Ⅵ, 民事法総合演習Ⅰ, 刑事法演習Ⅰ, 刑事法演習Ⅱ, 刑事実務, 少年法, 要件事実論, リーガルクリニック
研究領域 裁判官及び弁護士として、民事実務、刑事実務全般。裁判官在官時、家庭裁判所調査官研修所教官として家事・少年事件に関する実務研究、弁護士として取り扱った特捜事件(公職選挙法違反、贈収賄、法人税違反等)の弁護経験を生かした刑事実務なども研究している。

教員からのメッセージ

皆さんが目指していることが大変なものであることは,私自身,司法試験受験を経験していますので,よく理解しています。一度法曹を志そうと目標を決めた以上は,それに向かってたゆまぬ努力をすることが必要です。それは,孤独な作業の連続です。しかし,神奈川大学法科大学院には,同じ目標を抱く仲間がいます。励まし合いながら競い合うことができる仲間です。少人数制を採っている当法科大学院では,教員との距離もありません。一体となって目標達成のためのお手伝いをします。

主要著書・論文

<p> <研究業績><br /> 1.「通行地役権設定契約の成否をめぐって」〔判例タイムズ社刊『民事判例実務研究第4巻』所収〕<br /> 2.「利益相反行為についての特別代理人選任に関する審判の実情と若干の問題点」〔判例時報1127号所収〕<br /> 裁判例評釈「内縁の夫婦の一方が死亡した場合の財産分与請求権」〔家裁月報37巻9号所収〕<br /> 3.「家事相談」〔日本評論社刊『講座・家事裁判法1』所収〕<br /> 4.「注解家事審判規則」〔青林書院社刊〕</p> <p> <実務家教員としての特記事項><br /> 1.横浜家庭裁判所家事調停委員<br /> 2.破綻金融機関が保有していた債権回収案件を多く担当 等</p>
教員一覧に戻る

教員紹介

  • 修了生の活躍
  • 在学生の声
  • 給費生・奨学金制度
  • 教育状況等の改善報告